うまい白髪の隠し方や白髪染めのあらゆる方法

白髪染めと言えばどうしてもスタンダードな黒を連想しそうですが、茶色や他カラフルなカラーなんかもあったりするのが最近のトレンドです。 いくつかのメーカーから発売されている商品ですが、使用すると白髪がピンクやグリーンになるカラートリートメントもあったりします。少数の白髪でこのカラートリートメントを使用すると違和感があるかもしれませんが、頭が真っ白に近いくらいに白髪が多い方ですととても綺麗な色に染まるかもしれません。 昔は白髪染めというと独特の薬剤の匂いがネックで敬遠されていましたが、最近はそういった問題も割と解決してきました。

次に、私自身に関する話をしたいと思います。私は一応白髪はあるものの頑張って鏡で探して4、5本見つかるというレベルなので、毛抜きや指で抜いてしまう事が多いです。ただ最近ストレスや疲労で心なしか白髪が少し増えたような気もします。 身体のコンディションによって白髪の数も増減するといった状態です。

白髪が多くなる時期には、目立つと面倒なので思い切って髪全体を茶色にブリーチして目立たなくさせるという事もあります。髪型服装自由の仕事をしていた時は、白に近い金髪まで脱色していたこともあったので、そういう時は白髪の悩みは完全に解決していました。 とにかく、このように仕事などで見た目に縛りのない方は何度も白髪染めするよりもブリーチをするのがおすすめです。流石に白に近い金髪まではいかなくとも、軽く茶髪にするだけでも見た目の印象はだいぶ違ってくるはずです。

そして、これは金銭的に余裕のある方へのおすすめの話ですが、やはり自宅でセルフで髪を染めるよりも美容院で白髪染めをした方が黒髪も長持ちします。髪が短い男性は頻繁に髪を切るためあまりおすすめしませんが、髪が長くなかなか美容室に行くチャンスがない女性などでしたら美容室での白髪染めをおすすめします。 冒頭でも先述した話の続きになりますが、ただ単に髪の色をブリーチするだけでなく、その上にカラーを入れるとだいぶ印象も変わりますし、白髪を誤魔化す事が出来ます。例えば最近の流行りですとパープルやブルーなど、このくらいの色味のカラー剤なら薬局で入手できますのでおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です