FXと株取引マスターへの道
 

専用アプリを使ってスマホで株取引ができる時代に

パソコンの画面を見ながら株取引をするのが主流だった以前に代わり、スマートフォンが普及した今ではいつでもどこからでも、簡単に株取引にアクセスすることができるようになりました。スマートフォンを利用した株取引に必須なのが、株取引のための専用アプリです。株取引アプリを提供する会社も最近では多くなり、各社サービスや機能性が格段に上がっています。


おススメ株取引アプリ

株取引のスマートフォン専用アプリはいくつかありますが、その中でも人気のあるアプリをいくつか紹介していきましょう。いずれもIPhone、Android版があり、NISA口座に対応しています。


・SBI証券の「HYPER株」

株取引を始めたばかりの初心者でも操作しやすいと評判です。画面の構成も見やすく、メニューは簡素化された5つのメニュー表示になっているので、スッキリしています。自動ログイン機能によりすぐにアクセス可能なのも時間短縮と入力の面倒が省けます。


・松井証券の「株touch」

アプリのトップページにある「スピード注文」をタップするだけですぐに注文できることや、当日返済期限となっている独自の「一日信用取引」というサービスは注目です。他社にはないサービスで多くの投資家から支持を得ています。


・カブドットコム証券の「kabu.com for iPhone/Android」

取引対象の商品が幅広く揃えられているのが特徴です。現物取引や信用取引はもちろん、先物やオプション、FX、投資信託などもこのアプリがあれば全て取引可能です。NISA口座での取引やミニ株、プチ株取引もアプリで取引できるのが魅力的です。


・楽天証券の「iSPEED」

ログインなしでも利用できるアプリなので、口座を開設する前にお試しで利用してみたいという人におススメです。また口座開設後、正式にログインして利用すれば、自分の好みに合わせてカスタマイズ画面を作れるのも嬉しいメリットです。


・GMOクリック証券の「株roid」Android版と「iClick株」iOS版 ※NISA対応不可

こちらはNISA口座未対応となっているものの、株取引に欠かせない経済ニュースやイベントなどの情報量が充実しています。特に市況やアナリストのレポート類などをまとめて閲覧できる機能は今後の市場予測に役立ちまる。外出先でも企業の業績ニュースや決算短信などマメに確認したい人におススメです。


いずれの株取引アプリにも注文機能やチャート分析機能が備わっており、さほど大きな違いはありませんが、細かい特徴を比較すると、どれが自分に合っていそうかを決める判断材料になるかもしれません。迷ってしまったらネット証券の取引手数料も比較しながら、アプリを選んでみるのもよいかもしれません。