FXと株取引マスターへの道
 

初心者と株取引

昔は株取引を行っているという人は貴重でしたが、今では株取引は多くの人に親しまれています。
理由としてはやはりインターネットの登場です。情報がリアルタイムで手に入り、取引も手軽なインターネットは株取引と相性がいいんですよね。
特にここ数年はアベノミクスの影響で株価が好調に上がり続けたので、株取引でそこそこ利益を上げられたという人も少なくないようです。
今後の株価がどうなるかはなんとも言えませんが、今から株取引を始めるのは決して遅くはないと思います。そこで今回は初心者が株取引を始める方法と注意点について紹介します。


■株取引を始めるために必要なこと

そもそも株はどうやって買うのでしょうか。実際に購入するためにはいくつかの手続きが必要になります。
まずは証券会社に口座を開設してもらいましょう。株取引はこの証券会社の自分の口座を通じて行います。
ネット取引に対応した証券会社というのはいくつもありますので、比較をしながら自分に合ったものを選んでください。
証券会社ごとに取引手数料が異なりますし、取引ツールの使い勝手も異なります。またサポートの充実度なども特徴が出ますので、初心者向けの証券会社を探してみてください。
口座を開設することができたら、あとは入金をすればすぐに株取引を始めることができます。欲しい株に注文を出して、取引が成立するのを待つだけです。


■初心者が株取引で注意すること

実際に取引をできるようになったら、今度は利益を出せるようにすることが目標になります。
利益を出すためには「安く購入して高く売却」すればいいのですが、どの株をいつ購入して、どのタイミングで売却するのかが難しいのです。
言葉で説明するよりも実際に取引を繰り返して慣れていくしかないのですが、取引で気をつけなければいけないこととはなんでしょうか。
それは「無理をしない」ということです。どうしてもすぐに利益を上げようとして、無理な取引をしてしまいがちですが、初心者の内はやめておいた方がいいでしょう。
安全策をとっても必ず利益を上げられるわけではありませんが、少なくとも損失を抑えることは可能です。損失さえ抑えられれば、取引の機会は増えますし、やがてチャンスも訪れます。
株取引は他人との心理戦であると同時に、自分の感情をどれだけコントロールできるかでもあります。どれだけ平常心で取引できるかが勝敗に影響します。