FXと株取引マスターへの道
 

どのような株取引が違法になるのか?

株取引というのはなぜ成立するのでしょうか。それは公平なルールが定められているからです。
もし一方的に得をする人と損をする人がいたら、株取引は成立しませんよね。誰も自分が不利と最初から決まっている勝負はしたくありませんから。
今回はどんな取引が違法になるのかを紹介したいと思います。自分が被害者ではなく、無意識に加害者になってしまう可能性もありますので知っておくことが大切です。


■インサイダー取引

株取引をおこわない人でも「インサイダー取引」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
これは公開されていない会社の重要な情報を知る人が、その会社の株を売買することを「インサイダー取引(内部者取引)」といいます。
例えば「ヒット間違い無しの新商品」の情報を事前に手に入れていたとしたらどうでしょうか。事前に株を買っておけば、間違いなく株価は上がりますよね。
逆に「業績の下方修正」や「事業の撤退」について事前に知っていたら、株価が下がる前に株を売って損失を回避できますよね。
うっかり聞いてしまった情報であっても、実際に利益が出なくても、インサイダー取引は成立しますので気をつけるようにしましょう。


■相場操縦

株価を意図的に変動させることも株取引では禁止されています。そんなことができてしまえば、株取引は成立しませんからね。
相場操縦の方法はいくつかありますが大きく分けて「仮装売買」「馴合売買」「見せ玉」「風説の流布」などに分類できます。
仮装売買は同一の人物が同じ時期に同じ価格で売買を行うことです。これによって第三者からは出来高が急増したように見えるため、株価が高まります。
仮装売買を一人ではなく、仲間内で行うことを馴合売買といい、こちらも他の投資家に不利になるためもちろん相場操縦になります。
見せ玉は実際に株式を売買するつもりはないのに、大量の注文を出して株価を動かしてしまう方法です。注文の発注と取り消しを繰り返すこの方法も相場操縦ですので違法行為です。
風説の流布は虚偽の情報をインターネットなどを通じて発信する行為のことです。実際に根拠のない業務提携について掲示板に書き込み利益を上げていた人物が逮捕された事件があります。
他にも相場操縦の方法はいくつかありますが、公正な価格形成が行われない方法は禁止されていますので関わらないようにしましょう。