FXと株取引マスターへの道
 

株取引にも休日はあるの?

世の中にはいろいろな働き方があるので、いつ働いているかは人それぞれです。しかし一番多いのは平日の朝から夜にかけて働くというパターンではないでしょうか。
それでは株取引を行っている人というのは、いつ取引を行っていつが休日となるのでしょうか。今回は株取引の休日とその例外について考えて見たいと思います。

東京証券取引所では平日のみ取引が行われています。逆にいうと休日は株取引が行われていません。
休日というのは土曜日と日曜日、それから祝日です。また12/31~1/3までも休んでいます。株取引も年末年始はお休みなんですね。
祝日に関しては「前日及び翌日が国民の祝日である日」も祝日扱いです。ようするに祝日に挟まれた日も祝日扱いで株取引はお休みということです。
時間帯ですが、午前9時から11時30分までの前場と、午後12時30分から3時までの後場に取引が可能で、それ以外の時間帯では取引は行われていません。

きちんとお昼休みもあり、しかも午後は3時で終了なんて、一般的な会社と比べてもずいぶんと健全に思えます。土日と祝日も必ず休めますしね。
しかし投資家からしたら、そんなに取引可能な時間帯が短いと取引機会が減ってしまいます。しかも短い時間帯が日中では、多くの人は働いている時間帯とかぶってしまうのではないでしょうか。
専業の投資家ならいいかもしれませんが、サラリーマンが副業で株取引を行おうとしたら、仕事中にこっそりバレないようにやる必要があります。
そんな本業に影響が出るようなやり方の副業は長続きしませんし、そもそも隠れて取引をしているような状態では落ち着いて取引をすることができずになかなか勝つこともできないでしょう。

それではサラリーマンは株取引を諦めなければいけないのかというと、そんなことはありません。
実は東京証券取引所が取引できない時間帯でも取引をすることが可能な方法があります。それが「PTS(私設取引システム)」です。
一部の証券会社では独自の証券システムを持っていて、夜間や祝日でも株取引を行うことができるのです。うまく活用すれば取引の幅が広がるはずです。
ただし、どうしても取引量がそれほど多くないため、銘柄によっては満足な取引が行えないかもしれません。それでも平日の日中に取引ができな人は利用してみるのは悪くないと思います。
現在はPTSが利用できる日本の証券会社は減少気味ですが、海外では一定のシェアがあるようですので、日本でも再び増加すると取引が便利になっていいですね。