FXと株取引マスターへの道
 

株取引手数料から選ぶ証券会社

株取引というと以前は一部の人しか手を出すことができませんでしたが、現在ではインターネットを利用した取引が一般的になり、誰でも簡単に株取引ができるようになりました。
インターネットを通じて株取引をするためには、証券会社を選んで口座を開設する必要があります。しかし証券会社といっても選択肢が多く、どこを選んだらいいか悩んでしまうかもしれません。
選ぶ基準としては扱っている商品の数や取引ツールの使い勝手、サポートの充実度などがありますが、今回はその中でも手数料について考えてみたいと思います。

証券会社は投資家にとってはなくてはならない存在ですが、証券会社もビジネスですのできちんと利益を上げる必要があります。
それでは証券会社はどのように利益を上げているのかというと、投資家から手数料をもらっているわけです。投資家の払う手数料で、証券会社はビジネスとして成立しています。
とはいえ投資家としては手数料は高いよりは安い方がいいですよね。手数料が高いということは、自分が用意した資金の内、実際に取引に回せる資金が減ってしまうわけですから。

手数料の安い証券会社を選ぶことができれば、それだけで投資家にとって有利ということになります。
株取引の手数料というのは、1回の取引ごとに○○円といった感じに発生することが一般的です。そのため、ほんの数十円の違いであっても、取引回数が多くなると決してバカにはできない金額になります。
また取引金額ごとに手数料が異なるという証券会社も多いため、自分がどの程度の金額をメインに取引するのかによって証券会社の選び方も変わってきます。
証券会社によっては1回ごとの手数料ではなく、1日の約定代金が合計○万円までは手数料が無料とい言った証券会社もありますので、それほど多くの金額を取引しないのであれば選択肢としては面白いかもしれません。
他にも証券会社によっては口座を開設してから○ヶ月は手数料が無料といったサービスを行っている場合もありますので、うまく活用することにより有利に取引を始められます。

このように株取引の手数料というのは投資家にとっては重要で、どれだけ株取引で利益を上げられるかに直結しかねません。
証券会社を選ぶ基準は手数料だけではありませんが、できるだけ多くの証券会社の情報を比較して、自分にぴったりな証券会社を選ぶことが大切です。